フランスビザ申請のための各種書類の法定翻訳

フランス留学 プルミエ

ビザ申請や学校登録などに必要な各種書類の法定翻訳および在日フランス大使館領事部での査証手続き代行を承っております。

 

法定翻訳:翻訳証明つきの翻訳のこと。ビザ申請、学校登録、現地での滞在許可証の申請の際に必要な書類の中には法定翻訳にする必要があるものがあります。

 

 

1

法定翻訳の申し込み&書類のコピーを送付(お客様→プルミエ)

 

1. お申し込みを希望される方は、申込みフォームからお申し込みください

2. 法定翻訳が必要な書類を申込みフォームにデータファイル(PDFまたはJPEG)で添付、またはファックスでお送りください。


書類をお送りいただく際に※固有名詞には全てふりがなを振ってください(両親の氏名、学校長の氏名etc ※日付・番号違いの書類をご依頼いただく場合でも、必ず全ての書類をお送りください
20未満の未成年の申し込みについては、保護者様の記名自署が必要となりますので、申込Form送信後、自動返信されます内容確認メールをプリントアウト頂き、保護者様の記名自署欄に必要事項を記入し、郵送またはファックスでお送りください。

 

【注意】

※査証代行をご希望の方は、この申込の時点で必ずご決定ください。査証代行のみをそれ以後にお申し込み頂くことはできません。

※正しく送信されますとプルミエから自動返信メールが届きますので、お申込内容をご確認ください※この時点で翻訳が必要な書類をデータファイルまたはファックスでお送りいただいていない方は、必ずご送付ください。
   
2

お見積と各種ご案内 (プルミエ→お客様)

 

プルミエが上記1. 2.を受領後、内容を確認の上、料金・納期・お振込先を記載した見積書をメールにてお送りいたします。

   
3

お支払い (お客様→プルミエ)

 

 

見積書に記載のお振込期日までに、翻訳料および査証代行手数料を指定口座にお振込みください。ご入金を確認できました時点で、<契約成立>とし、翻訳作業を開始いたします。

   
4

翻訳のみご希望のお客様

 

法定翻訳の受け取り(プルミエ→お客様)

 

ご入金確認日から4営業日後、宅配便にて翻訳を発送いたします。

 

法定翻訳は大使館領事部ビザセクションでの査証取得後に、公的な書類として認められます。この時点では、未だ公的に認められた書類ではありませんので、ご注意ください。

 

   
5

宅急便にて発送いたします。